初めて自動車の車種を軽自動車に変更して、ダイハツのタントを購入した感想を述べたいと思います。

息の長い人気車種タントを乗り回そう

車の車種を軽自動車に変更したきっかけとタントの感想

私は従来は某メーカーのステーションワゴンに乗っておりました。
子供も男2人おり、自然に触れてたくましく育ってほしいとの願いと、自分の趣味もあり、キャンプ、バーベキュー、釣りなどアウトドア関連に、仕事の休日にはよく家族で出かけておりました。
特にキャンプに出かける時は、テント、タープ、テーブル、チェア類など、かさばる物が多かったのですが、ステーションワゴンの荷台では充分な広さがありましたので収納に困ることはありませんでした。
また、首都高速など高速道路での走行でも安定性があり、とても満足しておりました。
やがて、子供達も年頃になり、家族でレジャーに行く機会も少なくなってきたことをきっかけに、車の車種の変更を検討することにいたしました。

すると妻は積極的に軽自動車の購入を進めてきました。
たしかに軽自動車が重量税や車検など維持費が安いことは知っておりましたが、以前、知人の某社の軽自動車を運転した際、車高の高さと車体の細さで、高速道路のカーブでひっくり返るのではないかという不安定な感覚になったことや、車内空間の狭さに圧迫感を感じたことなど、あまりいい印象はなかったため、二の足を踏んでいました。

しかし、我が家の近くにダイハツのディーラーがあったため、妻の強引な進めもあり訪問してみました。
そこでタントを初めて見て、車内空間の広さにびっくりしました。
従来のステーションワゴンより座席スペースは広く感じられました。
少し試乗もさせてもらい、小回りがきくことも、改めて驚きでした。

その後、タントの購入の手続きをして以来、もう8年間乗っています。
キャンプにも行きましたが、持っていく用具を厳選したり、収納を効率よく実施して問題はありませんでした。
あまり長距離を走ることがなくなり、市内の買い物などが中心となった今では、切替しも楽で、走り易く、大満足で運転しております。